女性

マッサージの資格取得でプロを目指す|必見!資格案内所

幅広い分野で活躍できます

ブック

複数のライセンス取得も

マッサージを行うには「あん摩マッサージ指圧師」という国家資格が必要で、資格を取得するには専門学校などの養成学校を卒業し、国家試験に合格する必要があります。養成学校では生理学や解剖学などといった基礎医学から実技まで幅広く学びます。あん摩マッサージ指圧師を目指して養成学校への入学を考えている場合、あらかじめ基礎医学の入門的な知識を書籍などから得ておくと修学の上で有利になりやすいでしょう。また、養成学校の多くではあん摩マッサージ指圧師に加えて「はり師」「きゅう師」の受験資格も同時に得られることもあります。あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の三つの資格を持つ人を一般に「鍼灸マッサージ師」と呼ばれています。更に、あん摩マッサージ指圧師としての実務経験が5年以上あると、介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格も発生し、介護分野での活躍も期待できます。

人気が高く活躍に注目

あん摩マッサージ指圧師は、古くから視覚障害者が盲学校で資格を取得し、仕事に就くことが多い業種です。健常者であっても資格を取得することは可能ですが、健常者が入学できる養成学校は全国でも数が多くありません。よって、あん摩マッサージ指圧師を目指す場合はまず養成学校が身近にあるかどうかをよく調べておく必要があります。あん摩マッサージ指圧師は医療系の資格でもあり、治療所の開業や勤務だけでなく病院などの医療機関や介護施設や福祉施設でのリハビリテーションを行うこともできます。人気の高い資格の一つで、幅広い分野で活躍できる一方で視覚障害者が就きやすい仕事でもあり、今後は有資格者がどのように社会で活躍していくかが注目されています。

整体師になるなら

マッサージ

大阪には多くの整体学校があります。整体師を目指すのであれば、まずはそれらの整体学校に通って資格を取得するようにしましょう。整体学校のパンフレットやホームページなどを見て、色々と調べてからどの学校に行くのかを決めましょう。

医療現場に不可欠の技術者

マッサージ

診療放射線技師はレントゲンやMRIなど放射線を用いた治療・検査に必要な医療機器の操作・点検を担当する専門職です。その資格は国家資格となっており、取得するには養成施設における3年以上の学習と国家試験の合格が必要となります。

目の健康に関する専門家

勉強

視能訓練士は視力や色覚などの各種検査を行ったり、矯正・視力回復などの訓練を指導したりする目の健康に関するエキスパートです。眼科クリニックや総合病院などで活躍しています。その資格は専門施設で学んだあと国家試験に合格することで得られます。